結婚まで同棲すべき?同棲の6つのメリット・1つのデメリット

結婚まで同棲すべき?同棲の6つのメリット・1つのデメリット 同棲

結婚まで同棲しておいたほうが良い」と知人に勧められたんだけど、本当?

こんな疑問をもたれている方にお答えします。

欧米では「お試し婚」よ呼ばれ、結婚を前提とした同棲が普通に行われています。

はたして本当に同棲したほうがいいのでしょうか。

筆者は2回とも同棲から結婚に至ったため、同棲のメリットとデメリットをご紹介します。

結婚まで同棲しておくメリット

結婚までに同棲するメリットはどんなものがあるでしょうか。

①相手の本当の性格がわかる

相手の本当の性格がわかる
相手の本当の性格がわかる

これが一番の理由だと思います。

デートの時などは気が張っていたり、相手に良い所を見せようと、普段とは違い別人のようにふるまったりするでしょう。

同棲になると、朝から晩までそんなことはできないので素の顔が出てきます。

彼の本性は?

  • 日曜日に必ずドライブデートだったのが、実は出不精だった
  • アウトドア派だと思っていたが、実は家でゲームばかりしてるインドア派だった
  • 温和な人だと思っていたので実はささいなことで怒りっぽかった
  • 強気だった人が弱気だった
  • テレビに話しかける人だった
  • 風呂に入らない人だった
  • 人前でオナラをする人だった

その人の普段の性格や生活がそのままわかるため、結婚後にどんな生活になるのかを判断できます

あまりに我慢ならない性格だったらそのまま別れたらいいでしょう。なにも知らずに結婚して我慢して辛い思いをしたり、離婚するよりはマシだと考えられますね。

スポンサーリンク

②家にお金を入れるクセがつく

家にお金を入れるクセがつく
家にお金を入れるクセがつく

同棲の場合、たいていは家賃・光熱費などを2人で折半しますね。家にお金を入れるクセがつきます

それをしてくれない場合は「結婚の意思がない」「結婚しても生活費を入れてくれない」可能性があるので要注意です。

そのまま結婚した場合、男性側は残念なことにそのままスムーズに小遣い制に移行できます。

※お小遣いの額は?

話はそれますが、小遣いがいくらになるかは夫婦の話しあいによりますね。

夫婦別の財布の方もおられますが、小遣いは全国平均にしたら良いと思います。

男性の小遣いの使いみち

  • ゲームやマンガなど趣味に使う
  • 飲み代
  • タバコ代
  • 会社での缶コーヒー代
  • パチンコ代

 こんなもんです、しょ-もないですね。昼飯代は別としてます。

 参考までに、2014年で年収400万円の男性の小遣い平均は約3万円です。

③結婚まで同棲でお金が貯まる

結婚まで同棲でお金が貯まる
結婚まで同棲でお金が貯まる

男性のほうの晩飯がコンビニや外食だったのが、家に帰って食べるようになるため節約になります。

店で生ビールを頼んでいたのが缶ビールになるため、酒代はかなり安くつきます。

また、生活費を2人で折半して無駄遣いを止めるとどんどんお金が貯まっていきます。結婚資金を貯めるために同棲する人もいるようですね。

スポンサーリンク

④防犯上のメリットがある

防犯上のメリットがある
防犯上のメリットがある

女性からすると、女性のみの洗濯モノを干すのは非常に怖いですね。

洗濯モノは「女性が一人暮らししている証拠」になり常に「狙われている感」があります。なので、下着は家の中に干す女性は多いそうです。

そこへ男性のパンツなどを一緒に干すことで、男性が家にいることを外にアピールでき、安心できるようになります。

結婚まで同棲は、女性側の一人暮らしが最適な訳

2回とも女性の一人暮らしの家に転がり込んだのですが、次のようなメリットがありました。

⑤家財道具一式が揃っている

家財道具一式が揃っている
家財道具一式が揃っている

わざわざ新たに買う必要はないですね。女性好みのおしゃれな家具が揃っています。

自分の一人暮らしの家具を処分するだけで済みました。

⑥女性が自立して生活している

女性が自立して生活している
女性が自立して生活している

これは、女性のほうが炊事・洗濯・掃除などをちゃんとこなして生活できていることが判ります。

同棲をしなかったら、または実家暮らしの女性は

  • 料理ができない、もしくは料理したことないかもしれない
  • 日々洗濯するくせがないかもしれない
  • 片付けられない女かもしれない

こんな可能性があるので用心です。男性が一人暮らしで掃除・洗濯をこなしていたのに、結婚したら女性がそれをできなかったらたまりませんね。

同棲することですぐわかります。

スポンサーリンク

結婚まで同棲のデメリット

結婚まで同棲のデメリット
結婚まで同棲のデメリット

①長すぎた春になる場合がある

結婚はいつでもできるのに、ダラダラと結婚しないまま時がすぎていくカップルがいます。

もう結婚生活と変わらないため、あらためてプロポーズが言えないのです。

長すぎた春・友人の例

友人(男性)ですが、付き合い始めてすぐに同棲しました。

結婚する意思はないことはないのですが、婚姻にいたらず。周りが次々に結婚していく中、時だけがすぎていきました。

友人側は結婚していないので枷がないせいか、わりと何回も浮気して遊んでいました。

そして12年目、やっと結婚式をあげました。出席者は筆者も含めてすでに既婚者でした。

ところが友人のほうは、同棲しても結婚しても環境があまり変わらないせいか・・・・・・
また浮気を始めたのです。

こんどは妻にバレ、浮気相手のほうに訴訟して慰謝料400万円を求める裁判となりました。

そして離婚。結局12年同棲して1年で破局するという、文字通り長すぎた春になりました。

ほかにデメリットは特にないと考えます。

スポンサーリンク

結婚まで同棲すべき? まとめ

今回は結婚するまでに同棲すべきか?別居のままがいいのか比較してみました。

同棲のメリット

  1. 相手の本当の性格がわかる
  2. 男性が家にお金を入れるクセがつく
  3. お金が貯まる
  4. 防犯上のメリットがあるので女性が安心できる
  5. 新たな家財道具を買わなくて良い
  6. 女性側が炊事・洗濯・掃除をこなせるのが判る

同棲のデメリット

  1. 長すぎた春になる場合がある
  2. ダラダラと結婚しないまま時がすぎていく場合がある

このようにメリットとデメリットを比較すると、同棲が可能なら同棲したほうがいいと考えられます。

思い切って同棲してみては?楽しいですよ。

【あわせてよみたい】

出会いがナンパだったら結婚できずにすぐ別れるって本当?

社内恋愛でアプローチする方法、男性から、女性からの成功させるコツ

【チェック】

東尾理子さんが産後7キロも痩せた、酵水素328選やさいとろける温スムージー

スポンサーリンク

コメント