出会いがナンパだったら結婚できずにすぐ別れるって本当?

結婚 出会い

こんな悩みはありませんか?

・出会いはナンパがきっかけで今の彼氏・彼女と付き合っているが、軽い付き合いになるのではないかと不安。

・ナンパから付き合いや結婚は「なし!」と言う人が多いので不安。

出会いがナンパの場合、はたして結婚できるのでしょうか?

出会いがナンパで結婚できるの?

カップル
フリー素材ぱくたそより引用

結論から言いますと、筆者は2回結婚していますが、どちらもバーでナンパした彼女と付き合い、最終的に結婚にいたりました。2回目の結婚では子宝に恵まれて、いまは高3と中1の娘がいます。

また会社の先輩はパチスロ好きなのですが、なんとパチンコ屋で声をかけて付き合い始めました。結婚してからは夫婦仲良くスロット三昧してます。

妹もまたパチスロ好きなのですが、これまたパチンコ屋で声をかけられ、結婚しています。

出会いがナンパだと結婚が難しいと言われる訳

これは単純に、ナンパは軽い気持ちで声をかけ、軽い気持ちでついていくという軽いイメージが付きまとっているからではないでしょうか。

しかし、ナンパするのは相当な訓練と戦略がいります。気が向いたら簡単に声をかけて引っかかるようなものではありません。

ナンパしない人、ナンパされない人にはそのあたりの誤解があるのではないかと思われます。

【参考記事】

スポンサーリンク

出会いがナンパだと難しいこと

ナンパ
フリー素材ぱくたそより引用

若いころナンパばっかりしていた経験から、大勢の女性に声をかけて連絡先を聞いたり断られたり、その後デートしたり付き合ったりフラれたり、とさまざまな経験した中からざっくり言いますと。

ナンパで話をするのは難しくないです

ナンパで連絡先を交換するは難しくないです

ナンパで付き合い始めるのは難しいです

ナンパで付き合い始めて結婚は難しくないです

結論としてはナンパは、他の出会いとさほど変わりはないです。

出会いのきっかけ

付き合い始め
フリー素材ぱくたそより引用

男女が付き合い始めるきっかけはどうでしょうか。

大昔は「お見合い」でしたね。

そして「恋愛」はタブーとされ「駆け落ち」などは犯罪のように見なされていました。

現在はお見合いは古いもの、恋愛が当然とされています。時代によって変わっていくのですね。

その恋愛のきっかけは?

社内恋愛
フリー素材ぱくたそより引用

・学校のクラブ活動社内恋愛など、いつも顔を合わせるうちに好きに

合コンして男女の出会いの場を提供するもの

出会い、婚活サイト

街中でのナンパ、飲み屋でのナンパ、基本的に男性が女性に声をかける

・それを公にやる街コン

・最近はSNSオンラインゲームで出会うケースも増えているようですね

スポンサーリンク

男女が付き合い始める理由

抱き合うカップル
フリー素材ぱくたそより引用

そもそも男女が付き合い始める理由は、配偶者を求めて子供を産むためそのように遺伝子に組み込まれている、科学的に言うとそうなりますが、面白くもなんともないのでもうちょっとくだけて言いますね。

素敵な相手と出会うと、「ドキドキ」したり「キュン」としたり、「萌え」だったりするのではないでしょうか。そのような働きを「恋愛ホルモン」がつかさどっています。

例えばこのような経験があるでしょう。

・兄弟姉妹に触れたりしてもなんとも思わないのに、素敵な相手にちょっと触れるだけで「ドキドキ」する。

・相手とパーソナルエリア(その人からだいたい直径45センチ以内)に近づくと「ドキドキ」する。

・目があうと「ドキドキ」する。

・またはその姿を見ただけで「キュン」とする。

・その人に逢えないと、逢いたくなる、声が聞きたくなる

そして両想いになった二人は、キスなどさらに刺激的な行為を繰り返すことにより、さらに好きになっていきます。これらの効果をもたらすのが「恋愛ホルモン」です。

恋をしたときに分泌される脳内(恋愛)ホルモンにはエストロゲンフェニルエチルアミンオキシトシンとありますが、好きな人と話す、触れることによって快楽を得るのはドーパミンです。

快楽ホルモンとも呼ばれているドーパミンは、ご存知の方も多いでしょう。 嬉しい時や幸せだと感じているときにたくさん分泌され、より心地よい状態を続けようとします。
たとえば、男性に片思いしているときって、その彼とのデートを想像してわくわくしませんか? 付き合ってからも、一緒にいるとドキドキしますよね。こんな時にドーパミンは分泌されるのです。

machicon JAPANサイトより引用

恋愛ホルモンによって、相手と話しをする、相手と触れるだけで「ドキドキ」する、そのような興奮や快楽を繰り返し求めることで男女は付き合い始めるわけです。

恋愛ホルモンが人間の行動をつかさどっているため、出会いがどんな形であろうが関係ないです。

ちなみにこの恋愛ホルモンは3年しかもたないことが検証されています。結婚すると恋愛感情が無くなっていき家族愛に変わっていくのはそのためです。逆に恋愛ホルモンが出っ放しの芸能人が「石田純一」氏でしょうね。

スポンサーリンク

実際はどうなの

結婚
フリーフォト写真ACより引用

筆者は、というと、さきほども書いた通りです。

1回目の結婚は、バーでナンパした女性と2年間同棲し、結婚しました。自分が精神的な病にかかり、2年後に離婚しました。

そして2回目の結婚も、またバーでナンパした女性と6ヵ月間同棲し、結婚しました。今では高校生と中学生の娘がおります。

「出会いがナンパでもぜんぜん問題なし!」

結婚できます。たぶん、幸せです。

会社の先輩も、パチスロの常連の女性に話しかけ、結婚しました。たまたま子供ができなかったので40万円の犬を2匹飼い、毎週パチスロライフを楽しんでいるようです。

結婚できます。たぶん、幸せです。

妹も、パチンコ屋でナンパされ、それが出会いとなって結婚。彼女たちもパチスロを止められそうにありません。

結婚できます。たぶん、幸せです。

まとめ

出会いの形は関係ないと思っています。車内恋愛もナンパでもSNSも出会いの形が違うだけで、逢ってしまえば同じ。あとは対人コミュニケーションの問題。

ナンパを毛嫌いしていると、出会いのチャンスを減らすだけ!

●30歳からの恋愛コミュニティのご紹介

『理想の相手がいない』『自分はもう若くない』そんな風に感じてませんか?
恋愛・結婚に年齢は関係ないです!
今、30代後半からの出会いを求めている方がたくさんいるのです。

ときめく人生をもう一度はじめてみませんか?
  ↓↓

【あわせて読みたい】